おせちのお得な情報

【初心者必見】おせちに海老が入る5つの意味 お祝い事にも役立つ!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回は、おせちの中でも人気の料理、「海老」が入っている意味をご紹介します!

海老はお正月のおせち料理だけでなく、お祝いの席でもよくみかけますよね。

大人も子供の大好きな海老!

海老が入っている意味を知っているだけで、食べる時にもありがたみを感じるようになります。

海老の入った、今年おすすめおせち、厳選3品も紹介していきます。

簡単に筆者プロフィール

私は、約10年程、おせちの企画・開発・運営に携わってきました。(1年中おせちのことだけずーっとやっているときもありました 汗)

1年で約5万セット出荷、売り上げにして約6億円のおせち販売の実績があります。

今も、現役でおせちの企画、販売をしています。

 

①おせちに海老が入っている5つの意味

おせち 海老 意味

1)「つの字」に曲がっている容姿と、なが~いヒゲから、”長寿の象徴”

海老は生の状態でも腰が曲がったような姿をしています。

また、長いヒゲもあるので、老人に似ていることから”長寿”を意味しています。

 

2)”海老の目が出ている”、ということから「目出(めで)たし」と連想

生の海老では見えにくいですが、海老を加熱すると、表面の赤色と反して「黒い目が2つ」あるのがはっきりとわかるようになります。

目は取れやすいので、お祝いの席では目が2つついているものを盛り付けましょう

 

3)運気があることの象徴

生きている海老は、水の中で勢いよく跳ねる、力強いことから”運気の強さ”を象徴しています。

 

4)色合いから”めでたさ”を意味する

赤いものは縁起が良いとされています。

海老を加熱すると、表面が鮮やかな赤色になることから、「おめでたい」、という意味があります。

 

5)生まれ変わる、若さの象徴

海老は、かたい殻に包まれています。

脱皮を繰り返し、どんどん大きく成長していきます。

脱皮して新たに生まれ変わる、固まらない、という「成長+発展」を意味している

 

②おせちに入っている海老料理13選

おせち 海老 意味

おせちのジャンルは和風だけでなく、洋風、中華など様々になってきています。

海老の料理も種類が多く、1つのおせちの中にもたくさんの海老料理が入っています。

海老は1種類でなく、何種類入っていても、味も食感も違うので楽しめますよね。

おせち料理によく使われている海老料理をご紹介します。

・海老のつや煮

一番よく見かける、おせちの海老と言えばこのつや煮

海老の色も鮮やかで、表面もつややかなので、お重の中でもひときわ映える食材です。

・海老焼き

シンプルに焼いた海老。ものによっては海老の味噌をぬって焼いているものも。

ツの字ではなく、串に刺して伸ばし海老にして盛り付けているタイプもあります。

殻が香ばしく焼き上がり、香り豊かな海老になります。

・海老の味噌漬け

味噌味を付けた海老。

味噌の色で、見た目が黒っぽくならないように”特殊な製法”で作っています。

中まで味噌の味がしみ込んで、美味しく食べることができます。

・海老の塩ゆで

シンプルな味付けで、他のおせち料理とも相性抜群の味付け!

塩で茹でるので、えびの色も鮮やかに仕上がります。

・伊勢海老

伊勢海老がドンっとお重に入っているだけで、高そう!豪華そう!おいしそう!となりますよね。

伊勢海老の身も食べやすくカットしてくださっていることが多いので、

手を汚さず食べることもできるのもうれしいポイントです。

・甘海老の塩辛

甘エビは加熱せず、生で食べることで、より一層おいしさが増します。

とろっと生のまま塩辛にしているので、味わいも食感も変わりますね。

お酒のアテにも最高の一品です。

・海老フライ

意外かもしれませんが、洋風のおせちに入ってることもあります。

エビフライは、お子さんも好きな料理。

おせちの概念にとらわれず、好きなもの食べたいモノを組み合わせる傾向にあります。

・海老チリ

中華おせちには必ず入っている海老チリ。

味の想像もつきやすいので、おせちに入っていても違和感ありません。

こちらも、殻や頭がついていないのでそのまま食べることができます。

・海老マヨ

小さな海老の天ぷらを使って、野菜等と一緒に和えたタイプや、

殻剥きしたボイル海老をソースと和えたタイプなど、様々なタイプがあります。

・海老のマリネ

殻剥きしたボイル海老と玉ねぎなどの野菜を、マリネにしています。

おせちには酢の物は欠かせないので、さっぱりと食べることができる一品です。

・海老しんじょう

海老をすり身にして揚げたり、椎茸に詰めたり、レンコンで挟んだりと、

すり身にすることで様々な食材とセットすることができます。

組み合わせる食材や、蒸したり揚げたり、調理法も様々です。

・海老のせ玉子

おせちには欠かせない玉子料理。

そこに海老を載せてかまぼこ風にしたり、練りこんだりと、卵と組み合わせた一品。

海老の赤色と、玉子の黄色のコントラストがお重をにぎやかにしてくれます。

・海老のガーリックシュリンプ

ハワイアン料理で人気のガーリックシュリンプ。

近年、洋風のおせちに入っていることもあります。

ガーリックたっぷりで、冷たくても美味しく食べることができることから人気の料理です。

 

③海老が入ったオススメおせち 厳選3品

1)博多久松 洋風定番3段重おせち「Akasaka」※早割実施中

洋食はセットになった、家族みんなで食べることのできるボリュームたっぷりの洋食おせち。

4~5人前 洋風セット、45品、3段重、冷凍配送

 

おすすめポイント!

①オマールエビのグラタン、海老チーズ和え、海老のマリネ、海老入りかまぼこと海老料理がたくさん

②中でもひときわ目を引く「オマールグラタン」。オマールエビの旨みを堪能できます。

③スイーツも入って、子ども達も飽きない品揃え



2)匠本舗 京都御所南京料理「やまの」監修 個食2段重 ※早割実施中

今、流行りの1人1段重、個食おせち。

たくさんはいらない、少しづつの食材を26品盛り込んだ、食べやすいおせち

2人前 和食セット、26品、2段重、冷蔵おせち

 

おすすめポイント!

①海老もあわびおからすみも、全部食べることができる(人気の食材ほど先に食べられてしまいますからね)

②おせちの基本料理1品1品を、ちょっとずつ食べることができる

③このご時世、みんなで同じお重をシェアするのに抵抗がある方にはおすすめ!



 

3)オイシックス 「高砂×豪華海鮮オードブル 萬福」 ※早割実施中

味も見た目もお墨付きの店舗、オイシックス。

伊勢海老、ぼたん海老昆布〆、浜汐海老の違う種類の3種が入ったおせち。

3~4人前、和洋セット、37品、3段重、冷凍配送

 

おすすめポイント!

①伊勢海老はまるごと一尾、見た目にも豪華で華やか

②新鮮なぼたん海老を、生のまま塩や昆布で調味し、お酒の肴にもぴったり

③スタンダードな海老以外にも、たらば蟹、ホタテ、イカ、タコ、あわび高級食材を詰め合わせている



④まとめ

おせち料理には必ずと言っていい程、海老が入っています。

海老が入っている意味は、おせちに限らず、お祝い事やめでたいときには必須なことがわかりました。

海老は見た目も鮮やか、豪華な食材

しかも、子どもから大人まで、みんなが大好きな食材です。

海老料理がたくさんはいったおすすめのおせちを、是非堪能してみてください。

 

他のおせち食材の意味もコチラからどうぞ↓↓↓

【現役トップおせち企画のプロが解説】おせち食材の意味、厳選20品一覧公開!

みなさんこんにちは。 毎年食べるおせち。 なぜ、おせちはどれも同じ食材がセットされているかご存知ですか? おせちを食べる意味や由来、食材に込められた想いを簡単にわかりやすく解説します!   ...

続きを見る

スポンサーリンク

-おせちのお得な情報
-, ,

© 2021 プロしか知らないオイシイFOOD情報 Powered by AFFINGER5