ふるさと納税”注文してトクした”もの

ふるさと納税の「桃」が還元率最高!【フルーツ専門家がおすすめするワケ】

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

100種類以上のフルーツを食してきた筆者でも、この時期待ちに待っているふるさと納税の返礼品、

福島県の桃「川中島白桃(かわなかじまはくとう)」が届きました。

今年の返礼品はとても立派!

仕事でも取り扱っている仕入れの桃の値段が高いことは知っていたので、

きっと、量を集めるのも、値段も大変だったろうな~と確信しました。

今年の桃の相場感、今回購入した返礼品の還元率もやっぱりお得でした!

 

現在、他のふるさと納税で”フルーツ定期便”を購入済み

ふるさと納税 フルーツ定期便 (佐藤錦編)について詳しくはコチラ↓↓↓

 

①ふるさと納税 返礼品「福島県産 川中島白桃」の内容

1)今回頼んだ桃の概要

ふるさと納税 桃 還元率

商品概要

購入した時期:2019年12月初旬 (※前年(2019年度)分の返礼品扱い)

購入したサイト:某ふるさと納税に特化したサイト(ポイントも貯まるサイトです)

商品名:透過式光センサー 川中島白桃 特秀5㎏相当(15玉~18玉)

内容量:桃 5㎏相当(15玉~18玉)

産地:福島県国見町

納税金額:16,000

配送方法:常温

発送期間:2020年8月中旬

※天候や収穫状況により配送時期が前後する場合がございます。

販売期間:2019年12月1日~2020年7月31日(※売り切れ次第終了)

説明:あかつき桃に継ぐ人気の品種で鮮やかな濃紅色の大玉で甘みの強い品種です。

果肉は硬く締まっていて、しっかりとした歯触りを楽しむことができます

透過式光センサーで測定し、糖度12度以上のものをお届けしています。

 

2)桃の還元率は?

ふるさと納税 桃 還元率

2019年6月の制度改正により、各自治体は「返礼品の調達額を寄付金額の3割以下とすること」が義務付けられています

※詳しくは総務省HP

今回の還元率は、42.5% という結果です。(私自身が調査した結果)

※計算方法:「還元率=返礼品の販売価格 ÷ 寄付金額 ×100」

還元率を考えると、基準以上の還元率になっていますね!

 

納税をして、地域貢献できるうえに、

産地から鮮度の良い状態で、重たいものを自宅にまで配送してくれる

ふるさと納税って鮮度もよくて、おいいし、楽しみもあっていいですね!

 

②福島県の”特秀 川中島白桃”がおすすめな理由

ふるさと納税 桃 還元率

普段からフルーツを取り扱っているので、良いもの、お得なものを知っている私が選んだ理由

 

1)有名な桃の産地

やはり、桃は有名な産地(出荷量の多い産地)から購入するのがいいです。

桃で有名な産地と言えば、福島県、山梨県、岡山県あたりは間違いないでしょうね!

その土地でおいしく育った桃、生産者もレベルが高く、お互いに切磋琢磨してよりおいしい桃を出荷しようと日々努力しています。

毎年、おいしい桃が出荷される理由もわかりますね。

 

2)有名な桃の品種、しかも最上位クラスのランク

今回選んだ「川中島白桃」は桃の中でも有名な品種

生産量も多く、味もお墨付きの品種です。

しかも、「特秀ランク」最上位クラスのランクということもあり選びました。

桃の品種にもよりますが、

特秀品(特選)> 秀品 > 優品 > 良品

上記のようにランク付けされ、味や価格に比例してきます。

選ぶときは(値段にも反映されますが)どうせなら一番よいランクのものを選んでください。

 

3)糖度基準を満たしたものだけが5㎏たっぷり入っている

糖度を測定する”光センサー”は桃では一般的になってきました。

めちゃくちゃ高い費用をかけた設備なので、桃に特化した県(JA)しか持つことができません。

光センサーを通すことで、確実に甘い桃をゲットすることができます

桃は失敗したくない!という人は、光センサーの有無で選定してみてもいですね!

また、3kgと比較しても、5㎏の方がグラム単価を考えるとお得です!是非たっぷり大容量を選んでください。

 

4)おまけ

かための桃がお好きな方にもおすすめです!

 

③ふるさと納税で桃を予約すべき理由

桃 保存

今回の返礼品は「桃」でしたが、生鮮食品に関して同じことが言えます。

1)出荷量が減っている

天気だけの条件ではなく、生産者が減っているということを耳にしたことある方も多いのではないでしょうか?

実際に、全国的に収穫量、出荷量も年々減っているという統計結果が出ています。

 

図1 もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量(全国)

参照)農林水産省HP 統計情報(作況調査(果樹))令和元年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量

 

日本の人口も減っている中、農業で生計を立てる人も高齢化し、どんどん減っています。

フルーツや野菜類は機械化ができないものが多く、手間がかかる上に値段も上げられない。

出荷できる量も年々減ってく、という傾向です。

今年の出荷量が少なかったこと、生産者が減っていることを考えると、ふるさと納税の返礼品も出る量が少なく設定されるはず

納税して地域活性に使ってもらうことはもちろん、

生鮮品の返礼品は早めの予約が必須です

お気に入りにいれておき、発売されたらすぐ予約を!

 

2)生鮮食品は、できてみないとわからない

生鮮食品の中でも、特にフルーツや野菜は天気によって収穫できるかどうか左右される難しい食品です。

(魚介類はもっと難しい。。。釣れると思っても魚が来ないと何も取れませんからね・・・。)

基本的にふるさと納税の返礼品は、昨年ベースで還元率と、用意できる数量を試算しています。

 

3)今年はフルーツや野菜が高い!

特に今年は7月の天気が雨続きで、日が当たらず、なかなか良い桃が出荷しませんでした

(私も、仕事柄、今年の桃の出荷には困りました・・。入荷量も少ないし、価格は高いし、価格が落ち着くのをまっていたら、もうありませんだって・・・。買ってくれている人たちに謝りましたよ。ごめんなさいと。桃がある時に買っておけばよかった・・と後悔しました)

今年度分の返礼品の価格設定や、出荷量の予定は、1年前に決められます。

天気や出荷量の予測をして、保険はかけているだろうけども、決して安く設定はしていないので、

フルーツや野菜などの青果物は、返礼品がくる頃にはめちゃくちゃお得になっていることもあります

逆に、どうしても量が確保できず用意できない場合、他の品種や別の商品と変更になることも・・・

ふるさと納税は、生鮮食品はリスクが高いことを頭に入れておくとよいでしょう。

 

4)スーパーで販売されている桃と比較して

ふるさと納税で注文した桃とスーパーで購入できる桃と比較してメリット

鮮度が良い (店頭の桃は、いつ収穫し、いつ入荷したかわからない)

収穫して、すぐに手元に届く(桃はデリケート。店頭のものはいろんな人が触って温度や圧力の変化で美味しさも落ちるため)

箱から情報が収集できる(産地から箱のまま宅配。産地、品種名、玉数、ランクなど、スーパーでは見えない情報が収集できる)

納税額を考えると圧倒的に安い!(店頭では1個350円ほどする桃。対して、ふるさと納税では納税額は2000円。今回の桃は送料も入って1個134円!!安い!!!)

味も良い!(産地直送だし、固い桃からやわらかい桃まで、自分で調節しながら食べることができる)

 

鮮度が大事な食べ物は、ふるさと納税で注文するメリットの方が高いです。

桃好きな方は、いろんな産地の、いろんな品種の桃を試してみるといいですよ!



④まとめ

今回は、ふるさと納税の返礼品、福島県から届いた「川中島白桃」の還元率や桃を選ぶべき理由についてレポートしました。

桃だけでなく、出荷量の少ないフルーツや、生鮮食品を選ぶべき理由もわかっていただけたでしょうか?

生鮮食品はその時期にしか出荷できない食品が多いので、前年度から早めに予約をしておくことをお勧めします

お得な返礼品から、どんどん注文締め切り終了となりますので、早めに目星をつけて、予約できる準備をしておきましょう!

私もまた今年、桃を予約する予定です♪

 

ふるさと納税 紅秀峰
ふるさと納税でフルーツ選びに失敗したくない人必見!山形県さくらんぼ「紅秀峰」はお得な理由!毎年リピートしてます

続きを見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】《数量限定》伊達の密桃ジュース 160g×30本
価格:15000円(税込、送料無料) (2020/8/15時点)

ふるさと納税の「桃」が還元率最高!【フルーツ専門家がおすすめするワケ】

楽天で購入

 

 

 

スポンサーリンク

-ふるさと納税”注文してトクした”もの
-, , , ,

© 2021 プロしか知らないオイシイFOOD情報 Powered by AFFINGER5